捨てるはずの穴あきセ-タ-水玉ガウチョの仕立て上がりでもう1度出番。穴あき、肩出しセ-タ-作り方、作ってみて!

 

   以前、ブログで何十年着た捨てるセ-タ-をご紹介させていただきました。 

      洗濯機にうっかりかけてしまい糸は弱くアナは開くばかり

 

       

        穴を大きく又は増やして裏からレース貼り

 

 

        切れてくる糸はどんどん増えるばかり

 

 

 

 

   表から穴の周りにクリスタル、ブレ-ドを   

   手で縫いつけるだけです。

 

 

 

 

 

   こんなブレ-ドです。

 

 

          肩出しセータ-のからくり公開

 

 

 

 

普通のセットインセ-タ-を肩縫い目 

を出したい肩までほどき、*****

 

 

 

 

       袖山を折っただけです。

 

 

 

 

 

今回生徒さんにオーダ-して作っていただいた 

水玉ガウチョです。 

 

水玉の色はマリンルックイメ-ジ、紺色です。

 

 

    この生徒さんは洋裁が好きでアカデミ-と出会い、通信教育から始まった  

    初心者クラスさんでした。 

 

    裏地の裾三つ折りもアカデミ-で学び、しつけもアオロンも卦けずに縫って 

    仕上アイロンであげています。

 

 

 

 

脇縫い目も表地と合い、縫い代も指定 一定です。 

オ-ダ-は縫い代の方向も指定があります。

 

 

  フアスナ-部分の裏地はあえてハンドでまつる事を強制しています。 

  女性が着ると云う事は表地は体型形状になっている為表地に合わせて馴染   

  ませながらまつる、理に叶った技法です。

 

なんでも、ミシンが速い、ミシンが綺麗、と賞賛されている所も多いですが、表地と裏地の馴染みが悪いのは価値観に無いようです。

 

 

 

  フアスナ-裏地始末 

  肉眼では見えない程のまつりをして     

  います。

 

 

 

 

表裾の始末は軽さを重視して着る為ロック    仕上げ。 

 

脇線は脇縫い目と同じ位置

 

  

   今回感じさせていただいたのは、どの様な初心者でも、好きであれば講師の 

   指導の仕方、出来上がりの価値観で素直であれば生徒さんは必ず伸びる!  

   事を改めて感じさせていただきました。

 

 

 

          余談な事で恐縮です。申し訳ありません。

 

 

 

 

 

余談ですが、アカデミ-主宰はこのコ-デネイトで 

通常ス-パ-に惣菜を買いにいきます。 

 

特別な服の感覚では無いからです。 

オ-ダ-メイドは普段から着用です。 

 

 

 

    次回のブログは、アカデミ-ブログで公開した背丈比率の原理を少    

    し触れてみます。 

       

      現代の名工**卓越技能章受章、**国家検定1級の方でも後ろ裾跳ね上がり

                   を切ってしまった補正技術。

 

    4年前、アカデミ-主宰補正講習会を潰した講師でも出来なかった、

    補正技術です。4年後やっと今、事実を公開できました。

 

 

 

 

 

今日は午後から、ス-パ-にお買い物

昨日直した洋服で。 

 

アンダ-は黒のガウチョ