教室で徹底的に教育されるのは、技術。もう1つは情緒。誌上パタ-ン塾でも形だけアイテム服作れます。

ここで云う技術とは!本人に丁度良いの錯覚!

 

 ●  すべてのアイテムが本人に対して何処も触る事無く真中に    

    居なけれが成らない事。 

 

 ●  本人のウエストに対していかなるアイテムも床上がり平行でな  

    ければならない事。 

 

 ●  不慣れな生徒さんの合格点と、お客様の合格点はグレ-ドが違 

    う事、兎角先生と言われる方々は未熟な生徒の喜びで満足して  

    しまう事に問題有る事。 

 

 ●  個人個人の体型に合わせると云う事はそう簡単でなく補正と云

    う特殊技術が必要で有る事。 

 

 ●  作る!学ぶ!と云う事は、情緒のある作品を作りださなければ

    いけない事。 

 

 ●  生徒さん、一般の方々の多くは着心地の良い作品を知らない。

    高級感が見える作品に触れた(自分の為だけの着心地)事が 

    無い事で、感受性が低い方が多い事。 

 

    高級感とは、高級ブランドの高級とは意味がちがいます。

  

 ●  既製品感覚の作品には着る人を引き立たせる情緒と動き廻って 

    も身体体型に戻る服は出来ないし、必要価値観は無い事。 

 

 ●  情緒とは何を意味するのでしょうか。! 

    

    貴女が作った作品を着て、街を歩いた特、振り返られたり、 

    声をかけられたり、ご主人に変った事でほめられたことがあり 

    ますか? 

    担当直入に云えば、情緒のある服、そんな現象がおきます。

 

 

もし、貴女がこのどれかに共鳴する価値観なら、その価値観の仲間が集まります。作れる!と云う事と着せ付ける事が出来ます。!と云う事はおおきな違いがあります。

 

            お知らせとお詫び

 

 

 諸外国からの問い合わせにに対応出来ずにおりましたが今回ほとん 

 どの諸外国でお読みいただける事が出来る様になりました。  

 

 パソコン操作での不本意な画面になってしまいましたが、修復に日に 

 ちが多少掛かります。お見難い点は深くお詫び申しあげます。

 

次回、裁判結果をご報告させていただきます。