オ-ダ-メイドクチュ-ルとは高級を意味し、其処には2つと無いこんなアイデアもはいります。

 

 

       高級なレ-スや、柄いきによってどうしてもボタンの違和感が有る時 

       品よく仕上げる為、こんな技法を使います。

 

 

 

              布地をバイヤスに裁つか、横地、縦地、は余り拘らなくても良いです。 

             地縫いしてル-プ返しで返すか、布を四つ折りにします。 

    

           折った後のプレスはしっかりアイロンで固定。その時両面テ-プで接着。

 

 

                                                 上段のレ-スでやってみました。 

                             まず一回結びます。

 

                                                                                                                                                                                                        その上をもう一回結び重ねます。

 

                                                                                                                                                                                                           又三回目を結びます。

                           回数の多い程ボタンとして大きくなります。

 

 

                                                    ラメ入りレ-ス、ボタン作り。

 

 

                             ラメ無しレ-スボタン作り

 

 

                          ガウチョに使用した布地でボタン作り。 

                                     バイヤス布使用。

 

 

                                                                4回結び

 

 

                            ガウチョに使用した布で横地。 

                                   4回結び

 

 

                        レ-ス地2種類とガウチョ布、バイヤス、横地を比べてみました。

                 横の余り布はボタンの足にするか、気って綴付けボタンの足は糸で作ります。

 

オ-トクチュ-ルは2つと無い服を作る事を意味し、一般は仕立てと云う表現をします。このボタン技術は主宰独自で考え、自己サロンでオ-トクチュ-ルを行っていた時、お客様に収めた技術です。

 

 

                             良かったらやってみてください。

        兎角、主宰や他の人の考案を自分の技術や考案としてブログ、自己教室で公開をする方がいる!      

         このお話は何十年も前から実際目で見てきた事実です。禁止いたします。

 

 

 

                この生徒さんはお直しのアルバイトから夢を変え、少々のオ-ダ-メイドと        

 既製品パタンでは無く、中高年も着易い操作法パタ-ンで自己ブランド作りで起動に乗ってき  

 ています。

 

 

      オ-トクチュ-ルお仕立てやリピ-タ-のお客様のお洋服の扱い方。 

            お仕立て途中でもこれが常識です。  

        この様にして教室にお仕立て方を学びにいらっしゃいます。

 

本物の補正をお伝えするために頑張っています。