生徒さんへの仕事依頼には各自特徴がある様です。これもご縁。その縁は順調に伸びています。

 

   生徒さんの中には仕事を持っている方が多く、仕事の内容には特徴がある様です。

 

   衣装、着易い条件の普段服、特殊体型の受注、既製品の嫌いな方のウエヂング 

   

   特別個性的なお客様の要望、オ-ルマイテ-オ-ダ-メイド、我がままな中高年の対応オ

 

   -ダ-メイド、 デザイナ-専属オ-ダ-パタンナ-、洋裁の先生、 その他

 

 

 

 

  個人に対応出来、補正を個人採寸値で補正原型、個人採寸値パタ-ンメイキングが出来る

  方に贈られる日本で唯一の個人対応パタンナ-の称号 

 

 

       称号   パ-ソナル カスタムスペッシャル パタンナ-

 

 

 

上記の仕事内容は個人向け技術がほとんど必要です。十年後には粗悪や形だけの製品は機械化され、人は要らない方向に行く!と騒がれています。既製品や、アパレルパタ-ンも、頭打ちに入っています。なんちゃって服は何時か飽きが来ます。着れない年代も来ます。

 

   

 今の時代でしょうか?なんちゃって服を作っている方向性が多く、いずれ分かる時が来ます。

 ゆとり時代の落とし子でしょうか?                                           

 お洋服がお好きなら、自分の限られた時間を無駄にしないで下さい。 

 

 個人向けは自動機械化できません。何時か時間を持て余す年代が来た時、その時、技術は貴女 

 を豊な時間を約束します。 

 

 

 粗悪に飽き、良いものを見る方向に目が行く様な時代なります。そろそろ出始めています。        

 良いものが残る時代が来ます。

 ********************************************************************************

 

 

ある芸術協会権威の方がおっしゃっていた言葉に、人には人格!が有る。音楽には音格!が有る。では洋服にも服格、いわゆる品格があるはずです。

 

 

                これでOKの所も多い様です。

 

 

                             1、2年穿いての写真です。 

      パタ-ンだけでは無く、パタ-ン上補正、アイロンくせ取り技術が必要です。

 

 

    次回、複雑な柄合わせ、柄の持って行き方、をする為の抜群のアイデアを若干ヒント公開い

 たします、いずれ本人ブログで全面公開いたします。

 

本物の補正をお伝えするために頑張っています。