今日は東京教室の移動日。間もなくまたパタ-ン専門教室前半が始まります。今回はマイカ-で

 

         今回も又お仲間に新しい生徒さんがお入りになります。 

 

      ****他教室のパタ-ン科を何年か在席。やはり苦しんだ方のお一人です。

 

実際他の人に着付けて見る現場。そのパタ-ンと仲間に会えば意味は実感します。

 

 

     いろいろな方のパタ-ンをひいて見て、初めてこれは違う!!と気がつきます。 

     

           前回、記載させていただいたコ-ヒ-カップでの片方しか見てない方々への矛盾点に      

     何故?*と質問はきます。お答えする為頑張ってレッスンは始まります。

 

 

 

                            洋服に矛盾を感じる人と感じない人!                                                               

                               その違いはコ-ヒ-カップをぐるりと回って 

      

                        見る事に気が付く人です。 其処に感性もはいります。 

   

                    洋服もぐるりと回って上から見て下さい、

 

 

何故?と質問される事が多く、 パタ-ン、と               洋服のドクタ-。ドクタ-Xに!平面補正、微調整補正、は洋服の手術

本物の補正をお伝えするために頑張っています。