補正済み原型やパタ-ンメイキングを学べば次に気になってくるのがお仕立て。一番軽く形状にする為に

 

 

               拘り、と云うと嘘になります。  

 

    拘りは何も有りません。作品、生地に対してベストな付属芯等を選びます。 

 

  有る在庫物で作ってしまう!!と云う事を良く入会時の生徒さんに良く聞かされましたが

 

 

 

   作りたい生地で、作りたいアイテムがどの様に自然体で重く無く型崩れのしない    

   形状にする為、芯や付属、裏地を選びます。

 

適材な付属品を使わないと、出来上がりは気が付きませんが、何回か着ていくうちに型崩れが目立ち粗悪に見えます。

 

 

    以外なのはパタ-ンで入会の生徒さん。いつの間にか仕立てソ-イングも入会。 

 

    やはり仲間の仕立て服を見ると心が動きます。自分もより良い服作り!

 

アカデミ-の信用は大で遠くから見本を送っていらっしゃいます。

正しい補正をお伝えするために頑張っています。