現代の本には載っていない旧原型の胸ぐせ図解、後ろ身頃に出っ張っている2cmの三角はどう使う為?

 

             良くスタイルブックに旧原型の製図が載っています。 

 

        パタ-ンメイキングで、前脇線の長さは、後ろ脇線の長さより長いですが 

        その長さの差!を胸の膨らみ分としています。 

 

        其処で後ろ脇と前脇の長さの差!を畳みなさい****と記載されていますが 

 

        畳まないで、畳んだ製図を引く時、あの三角の技法を使います。 

 

 

 

 

        前脇を畳まないで、畳んだと同じ胸ぐせを出し、パタ-ンメイキングが出来る。         

        その技法に使われます。 

 

        教室では、胸ぐせ数値は、3.5cm、4cm、ではありません。個人適応数値です。 

 

        

       

         個人胸ぐせ数値を******胸ぐせの移行分散の時、この技法を使います。 

         とても速くて便利です。 

 

 

       補正原型やパタ-ンメイキング。パタ-ンに対してあらゆる操作や技法を学びます。

 

 

 

しかし、ここで注意は通常体型のご婦人の胸ぐせ。3.4cm、3.5cm、4cm、では服は後ろに引っ張られ首がつまります。そんな事に成っていませんか?

 

      

 

                   原型、図解写真は明日公開いたします。

 

 

正しい補正をお伝えするために頑張っています。