買うのでは無く自分の服を作る。他の人に服を作って差し上げる。それは何の為に、服を作る大きな目的は

 

 

  何方の服を作るとしても服を作りたい!と云う気持ちは何かそこに目的があるはずです。 

 

 

     服がぼろぼろになり着れなくなった為の新調 

 

     季節の到来で適格な服を持ち合わせていない 

 

     その方をイメ-ジチエンジさせてあげたい 

 

     自分がもっと輝ける為に新しい服を作りたい。普通の感性では輝けません。 

     其処に、人にも色があ*******と云う言葉が当てはまります。  

 

      服はそこそこ持っているけれど、体型の具合で着れなくなってしまった。 

      

     優越感の手段に服を作りたい 

 

     色的に似合わなくなった 

 

     ストレスの発散が服にいく 

 

     いやでもお金の為に服を縫う 

 

     何でも良い、服とミシンが大好きだから ***その他

 

 

上記の項目の中には経済的に豊さがかかわる事もあります。

 

 

 

 洋服作りがどんなに好きでも、人を輝かせてあげたいけれど今は溢れるほど服が作れるけれど

 

             

          何時の日か必ず服が作れ無い日が来ます。 

 

   それは、何方にも平等に来る年齢です。着れる服の縫い物は繊細な目や判断力、       

   持続力が必要な為、諦めざろう有りません。沢山の諦めた方々とお会いして、寂しい    

   お顔と出会いまいた。

 

其処で彼女達がとっている方法は、家の中でしか着ない服作り。外出着は既製品。と云う結果なって行く。

 

 

   問題は洋裁が好きなら、いつまでも洋服に接し人を輝かせ、自分も輝ける為に大切  

   な事は、適格な高度パタ-ン、仕立て、技術を学んでおく事です。

 

私の専属アトリエのスタッフが60代半ばでリタイヤ、目の衰えでした。其処で主宰は提案。愛好家さんや、これから洋裁を志す方々にお伝えして行く道は?と問いかけた所、*****

 

 

   一般の市販本でのパタ-ンは見て引くけれど、パタ-ンの技術が無い!と回答 

   今に成って、もう少しパタ-ンを勉強して置けば良かった!と**************

 

 

    其処で、またも実感した事は、洋裁は何時か限界年齢が有る******* 

    いつまでも、体の次く限り洋裁にかかわっていられる方法は*********!あります。

 

           それを若さで気が付かないだけです。

 

 

 

              趣味のみで一生拘りのある方達と将来を考えての方々と目的は違いますが人の心   

    は変り、後悔と云う言葉も多く耳にします。 

 

    関係の無い価値観の方はスル-してください。 

 

 

正しい補正をお伝えするために頑張っています。