折角作っても、普段着にしか見えない人。さらっと作っても綺麗な人。上品でない人。何が違うの?

 

 

 

              若さ!や年齢は関係がありません。 

 

 今回も私が見た!!アカデミ-が特に力を入れている事。そして今回現実の事実をお伝えいた 

 します

 

 

折角の服を作っても普段着にしか見えない人、普段着には見えない人は?

 

 

 ◎  それは、大人になった時からの環境です。人は自分の環教で物を選び、又その環境で素 

    敵な服!と錯覚します。 

 

    そして自分の生活水準、又は生活の仕方で物を選び、価値観として、ステキ!と判断し 

    ます。 

 

 

    もし、自分の環境が下記の様なお部屋の環境でしたら己とお部屋のマッチした 服を選  

    び、物静かな言葉、行動が自然と普通!と感じ、そして感性が必要になります。 

 

 

     一般的は中々下記の様な、そんな環境にする事は出来ません。 

    

 

 

 

    もし*****テ-ブルにこの様なス-プが出て着たら、普通は背筋が伸びます。

         そして、物静かに飲むはずです。

 

 

 

    多くを自分をその環境にたまに置くか、通常使っている器でいい。気持ちだけでもいい 

    のです。                                        

    毎日の心の置き方が自然と背筋の伸びたこんな環境に似合う自分に成れるはずです。 

    

    其の長年の自然体が何を着ても美しい上品な雰囲気を作ります。

 

この様なス-プを飲むとき、~~しちゃったよ!、とか乱暴な言葉は使わないと思います。

 

 

  上記の写真は例に挙げましたが、結論はどの様な服を着ても綺麗に見える人。 

  どの様な洋服をきても、普段着にしかみえない人、上品な服に見える人、は*****

 

 

  洋服では無く、環境をどの様に意識し、心掛けて暮らし、言葉使い。仕草。モラル。等、    

  どの様に歳を重ねたか、これから重ねるか、その人自身の問題なのです。

 

    それが、似合うオ-ラ、何を着ても普段着?オーラ、です。

 

    がさつや、軽率で無い生活感、これが大きく影響します。

 

 

    

   存在感の美しさ!!!*******これが似合う、綺麗。普段着との見た目の違いです。

   

  

 

そこで、最悪な事は、小さな器で、負けず嫌い、有頂天、軽率、等の性格は派手さはあっても似合う、美しい、とは思われない事です。そして存在感とは、もっともかけ離れている事を。目に見えない洗練された環境意識と環境仕草の人。何、着ても綺麗に見える。***この要因はおおきいです。

 

 

    明日は一流と言われる人のおもてなしの仕方とは!*******。尊敬のされ方です。

 

正しい補正をお伝えするために頑張っています。