あたり前の事なのに、製図上使われていないパタ-ン補正理論。生徒のお客様によって必ずいただく言葉は。

   

  

 

    仮縫い時の足したり、摘んだり、移動したり、体の寸法に合わせる事ではありません。

 

    生徒さんは各自*****いつの間にかお客様から依頼が増えています。 

     

    そして失敗する事無く結果を出しています。

 

 

 

 

お客様に強制する事無く、自然と皆さんのお客様から出る言葉は!*生徒自信も***まさか!***と驚いております。

 

 

 

        着ていないみたい!!!*************************** 

 

 

 

 

           今回報告を受けた生徒さん。難関体型の受注。 

      このパタ-ンの中に4つの体型形状補正方が既にはいっております。

 

    

 

     私達、作り手側の一番のほめ言葉をいただいています。 

     生徒さん達はどんどん自信が付き、次いて頼まれる事が絶えません。 

 

 

      

又どんどん任される位置が上がり、自分の立ち位置が夢だったポジションに頼まれる位になっている方もいます。

 

 

8月の裁判で、侵害者の方向性が違う事になった事によって、来年、5月頃、パタ-ン称号付きパタ-ン作製であると云うパタ-ン称号を名乗るパタ-ン作製自由使用許可の生徒さんが近い内に誕生。

 

 

    今年の東京第2教室の授業は終わりました。 

    生徒さん皆様の私への体調のご心配はまれに見る光栄で感謝もうしあげます。

 

    皆さまにご心配をおかけしない様、近況も報告させていただきます。        

    この頃は車にて船橋教室を行ったり来たり。

 

    プロの運転手さん毎回、付きですので、道中ご安心ください。***************** 

 

   

  遠い所から良く頑張って通ってくださいました。主宰として努力は認め感謝申しあげます。

  このコ-ナ-は生徒さんへのご報告です。 

  関係無いと思われましたらスル-してください。

 

 

多くの志し有難うございました。

 

 

     マイカ-で帰ります。  生徒さんも良いお年をお迎えください。

 

正しい補正をお伝えするために頑張っています。