洋服を作る時、布目が命。シ-チングトアル組みで仮縫いはもっての外。補正と布目で洋服は決ります。

 

 

    良く仮縫い時にシ-チングで仮縫い状態を良く見る事があります。 

 

    元々、シ-チングは布目が正確では無いのです。 

    アイロンで地の目を通し、直しても、曲がっています。 

 

 

型紙上で補正、布目を通し実物で仮縫いするからこれだけの正確なシルエットがでます。

  

 

   シ-チングで仮縫いをした場合、布自体が曲がっている為、紙に写し取っても正確で    

   はありません。

  

   何となくスッキリしない!!と云う言葉を他から良く聞く事が多いです。 

   お客様の仮縫いをシーチングではもっての外****************** 

 

 

   シ-チングで仮縫いしたとしたら、改めて作り上げる布地で仮縫いする事。

 

 

シ-チングは立体裁断方式等のアイテム作りに使い、シーチングでの仮縫いは分量や立体的なイメ-ジに使います。仮縫いは補正の仕方。布目が命です。

正しい補正をお伝えするために頑張っています。