何故か、アカデミ-の生徒さんの作品や、お客様の依頼服はフイット感のある服が多い。その訳は。

1000人のフイット感のある服を作る時、1000人体型の技術を持たなければ着心地の良いフイットカンの有る服は作れません。

 

 

 

     其処で問題になるのは、1000人の違うノウハウが必要?と考えますが、                 

     必要ではありません。 

 

     女性の体型ノウハウを知れば良いだけです。 

     其のノウハウを知らないから********************  

 

 

  ○     立っている時は綺麗。動くとキツイ。そして服が上にあがってきます。 

 

  ○     其処でそんな事にならない様にゆるみ分を多く取られてしまうのです。 

 

 入会されたほとんど、全員は最初、フイット感のある 作品を選び希望します。  

 そして着心地も要求します。 

 

 

 人によっては、座れないパンツなら座らないで立っていなさい!************ 

 動くと上に上がってしまう服も知らん顔。  

 着ていたら、後ろが割けた!

    イメ-ジがまるっきり違う! 

 何となく大き目

 

 

そんな心のキズをおった生徒さんがほとんどです。それがフイット感を要求した為だったのです。

 

 

特に肩ダ-ツは全員拒否!しかし皆さん同じ肩ダ-ツ数値では無い為の理論は必ずその意味と算出法の指導がはいります。

 

 

 痩せた方、首周りに脂肪や筋肉が付いての小太りの方の肩ダ-ツ数値は違います。

 

 

  肩ダ-ツ、又は肩いせ込み分数値の算出法は*********************** 

 

 

  本人******から、本人******プラス******にゆとり分の差です。

 

 1000人の違う体型にも綺麗にはいります。 (30年間、生徒さんやお客様で実験、立証済み)

 

 

 この技術は人間(女性)に着せ付ける10000人に通用する技術です。

 

 

 

   4月から1クラス開設するクラス、。 

 

   どの様な方式を学んだ方でもOK、自分が学んだ方式を崩す事無く、正しい補正の実地で   

   解明指導。 

  

   補正操作は使用しません。 

 

   補正の完成到達度は同じです。*****************

 

 

   補正専門クラス開設いたします。

  お申込みは定員5名。予約開始させていただきます。(実行曜日は土曜日になります。)

      

 

 

正しい補正をお伝えするために頑張っています。