今年一年応援有難うございました。まれに見る2つの問題が起きた年でした。2つの出来事で大人が学んだ事は。

 

 

 

      今年1年皆様の応援を頂きました事は感謝の念が堪えません。 

 

      ブログ村様に対しても大人の判断に感謝いたします。

      

 

特許侵害者裁判於いて長年主宰が苦しんできた事(補正操作紛い教室)が技術の方向性が変り、一般市販本補正で行っている?事で本教室の生徒さんを偽りや、誤魔化しの無い技術で世に出して差し上げられる事は主宰として一番望んでいた事です。 

 

          学ぶ為の教室か、趣味の教室かがはっきりした事で目標達成です。

 

 

 

   

 

    又、もう1つの騒動は、専門家と愛好家の違いです。 

    兎角深い技術や経験も無しで感情で云う方が多い、勘違いから起きた事と思います。

 

 

   

 

 光文社様より光栄のメ-ルを頂き、どの洋裁教室、どの洋裁ブログより輝いていた!と選んで頂いた理由をお聞きした事で、とても励みになりました。

 

 

 

光文社様と打ち合わせを行いました。結果を来年早々公開いたします。高度な技術者が来年は活躍していただける事を***

 

 

     人生の学び方を学ばせて頂き、お二人に感謝もうしあげます。 

    

               不動がすべて大人対応、自信の無い人程、真似をしたり騒ぎます。 

 

 今年特に学んだ事は、***自分で目立ちたがらせなくても、自己満足さの光景は傍は黙っていても、目 

 利きはの人は 見ている!!と云う事です。

 

 

 

アカデミ-補正操作は絶対にすべての人に通用する基本製図は無い!との考え方から体型補正理論から出来ております。

 

                                            

    補正操作とは**********補正をする為に型紙を操縦する事に近い意味を示します。

 

                来年も宜しくお願い申しあげます。

 

 

 

 

正しい補正をお伝えするために頑張っています。