残念な事はもう一度縫い直すには労力が無駄!こんな違いでも布地は行きたいところにまわってしまいます。

 

経験不足で意地を張った結果です。

 

 

  既製品。アパレル縫製の考え方でしか信じない、裁ち目縫いをした結果です。 

  しかし裁ち目縫いでもそれだけの高度な縫い技術を持っていればこんな事にならなかったのでは?

 

裾幅の違いばかりでは無く、ウエストから裾までの直しカット分ラインもジグザグになっているのでは?

 

 

以前デザインの面白さでご紹介させていただたたワンピ-スです。

 

裾、スカ-ト部分はマ-メイド、Aラインでしたがタイトラインに変更

 

 

前端しから、上前、下前、を合わせて見ると***************

 

 

 

脇縫い目から前中心に合わせて見ると。

 

 

前端しはこの状態です。  

仕立ても直しの価値観です。

   

 

拡大  

 

一度目の完成はもっと右、左、寸法の違いでしたがやり直しをしてもこの状態

         です。

 

 

この状態を直し代を取って納品するのですから、すべておって知るべし。未熟な考え方を通した結果です。

 

 

技術の優劣では無く、布目が狂うと捻じれる!と云う事を生徒さんにお伝えいたします。    そして、裁ち目縫いはよほど技術が無いと上前、下前、寸法が違った作品を着る事になります。

 

 

 

回ったり、捻じれたりする原因******************* 

 

●       人間は右体型、左体型、が合い対象ではありません。高度な補正技術の無い服はねじれ 

    やスカ-トが回り!ます。 

 

●  布目の大切さです。服がねじれようと回ろうとフアッションと考えるなら別価値観です。

    その価値観を間違えない様に。

 

 

オ-トクチュ-ルはまずありえません。アカデミ-の直しは返って着易くなる体型理論に基図いて直しを指導しております。理論は簡単です。

正しい補正をお伝えするために頑張っています。