洋裁が大好な方が何故迷い苦しむのか!これだけは言わせてください。学ぶ目的、教える目的プロセスは?

自分の服なら何となく***なら捨てれば良い事。既成品価値観以外は人に着せる目的のはず。  人に作る仕事がしたい、家族に作ってあげたい!は市販本や専門学校、又は方向性の違う方式で学んでもしっくりした服は作れません。

 

 

でも、家庭着、やホ-ムソ-イングなら別です。

 

パタ-ンメイキング。は3種類の考え方があります。

 

●   既製品用のアパレル、立体やその他、組み立てる事が出来る製図****パタ-ンメイキング  

    を学ぶ意味

 

●   デザインや用途の合わせて組み立てる事が出来る製図****パタ-ンメイキングを学ぶ意味 

 

◎   個人に着せ付けるデザインや用途、着る人の希望に応じて出来る製図****パタ-ンメイキ 

    ングを学ぶ意味

 

 

 

 

大きな違いは、着る人の着心地や希望、要望が入ったパタ-ンメイキングが出来るか!    

  どうかです。 

*************************************************************************************************

 

 

 

*  前中心裾が開いたり、 * 変な捻じれ皺が有ったり、* 着て疲れたり**********

 

*  前が吊り上がったり、 

 

これではパタ-ンメイキングを学んでも組み立てだけです。生徒さん、お客様、家族、に作る事は皆オ-ダ-メイドと価値観は同じです。後で仮縫いで直せば****それでは直りません。

 

 

本教室は自分の服であっても、その事に気が付いた方々の集まりです。 

 

学ぶ方も教える方もそれに気が付くか、付かないか、だと思われます。

 

 

着難さや気に要らなければ捨てればよい!と云う方はスル-してください。基本的価値観がちがいます。

正しい補正をお伝えするために頑張っています。