すべての洋服の着易さ!の勘違い。既製品よりは着易いのは当たり前、本当の着易さとは違います。

 

 

   良く、着易い!と云う言葉をいろいろな処で耳にしますが***************************

 

 

 

本当の着易い服!は意味はちがいます。

 

 

本当の服の着易さは着ている事を忘れる位の服の感覚になっている事です。

 

 

生徒のブログ内容や、生徒のお客様の反応を講師は指導している訳ではありません。本当に生徒、生徒のお客様が感じとったから言える事です。

 

 

良く、お客様から言われる事は着ていない感覚!!!

***********************************************************

 

この感覚が本当の気易い服と云う事です。 

 

既製品より着易い服を、 着易い!!と言ってしまえば一般の方々は、これが気易い服!と勘違いします。

 

 

 

 

オ-ダ-メイドや指導者の着易い服に対しての責任は大きいです。着易そうと思っていても不具合原因、結果はレベルの高い生徒は見抜きます。

 

 

今、見る目の無い、着易さの経験が無い方達が絶賛してもその方達は何十年絶賛はしません。 

息の長い自分に成りたい!このお仕事を高齢まで次けたいと思うのでしたら**************** 

 

 

 

本当の、本物の着易さを知る事です。 

本物の着易さを知ったお客様、は其処から離れる事はしません。

 

 

 

 

其処に微調整補正の大切さと高度なパタ-ン技術を実感します。 

その感覚を生徒自信に経験させ、着易さの本当の意味と優雅さを実感していただく。

 

この仕事が教室での本来の私の仕事です。

 

 

 

正しい補正をお伝えするために頑張っています。