やっぱりあったこの理論原型をまかり通す処。この原型の考え方では着れません。この原型を通すのは何故!。

 

 

通称、今はほとんど使わない前下がりの考えかた。

 

 

トップスの原型は胸ぐせ処理して着て初めてこの原型の形では無く体型形状になります。

このまま使う事は胸ぐせ0cmと同じです。

 

 

バストが高い人や、背中の曲がった一にはとんでもない事が特におきます。

 

 

この方法議論で心疲れ、服が作る事が出来ない生徒さんは多く在席しております。 

アカデミ-の生徒は、あらゆる体型の婦人に着せ付けている為、この原型の怖さを知っています。

 

 

文化式旧原型の書き方ですが********この方法は胸ぐせ、0cmです。 

着ると前中心が上がりウエストまでの不足分を付け足したのと同じです。

     ******************************************************************************

 

 

特に、オ-ダ-メイド、やバストの高めの人はこの方法では着る事は出来ません。

 

 

 

プロであっても、趣味であっても、パタ-ンや原型をどの様に使ってもそれは自由。 

 

問題点は*******考え方が、何方にもキチンと服が作れると云う錯覚を招く事が大問題なのです。

 

 

 

オ-ダ-メイド的に見るのか、家庭洋裁と見るのか、其処は問題提示が違うけれど洋裁を習うと云う事はオ-ダ-メイド的考え方のはず。

 

 

 

これで良い!*************と信じ錯覚を起こす事で不具合を迷い苦しむ方々への長年実験してきた  

            アドバイスです。 

 

本教室にも、信じて来たが他人の服は作れ無い!と云う多くのSOS組生徒さんが在席しております。

 

 

 

 

正しい補正をお伝えするために頑張っています。