ウエストの位置って人によってこんなに違うのを知っていましたか?すべて体に縦地、横地床上がり平行です。

                                                                                                                                                  

 

 

 

穿いてきつければ、着難いと気がつきます。 

大きすぎれば、恰好が悪いと気が付きます。 

 

大半は,まあこんな物かしら???***でも何だか脱ぎたくなる!!

 

 

この状態がまかり通ります。

 

 

 

 

人には着心地の良いウエストの位置があります。この事に気は付かないから!何となくパンツは恰好が悪い!と言われるのです。

 

 

貴女はどっちのウエスト?専門学校だってここまで個人に対応する技術は学びません。

 

この体型補正方はパタ-ン塾、補正市販本、文化教科書、スタイルブックには回答は有りません。

 

前中心お腹が出ている中高年の太った人に多い。

お腹は出ていますが後ろヒップも張っている(大きい)人のウエストライン

ヒップと中ヒップの形

ヒップより中ヒップの方が大きい

 

 

補正方は市販本、や教科書、パタ-ン塾、には残念ながら回答は有りません。

 

一般的、ヒップのほうが大きい

 

ヒップ寸法。 股上寸法。 ウエスト寸法。パンツ丈。                   基本パンツの製図引いて仮縫いで直しますか?

*************************************************           

パターン上で直しますか?

 *************************

 

 

 

 

実物仮縫いではここまで正確には出来ません。布目が正確に体に合わせられないからです。

  ****************************************************************************

 

 

●   パンツもスカ-トも横地布目は床上がり平行・ 

 

●   下半身、体に対して縦地 

 

●   本人が一番落ち着くところがウエストライン。 

 

 

この条件をヒントに補正は生まれます。そして技術の差は出ます

 

 

服楼さんがブログで記載されていた、****つい!パンツの下を見てしまう****** 

何も触った感覚が無いのでパンツをはいて来たのかな!!!

 

ガウチョ、完成 

 

この不思議さは事実です。

 

 

 

 

◎  スタイトスカ-トが歩き難いのもこの補正理論 

 

◎  パンツをはいて歩いた時、足ももにパンツが当たるのもこの補正理論

 

 

穿いてみた人しか語れない不思議がここにあります。どんな初心者でも穿き易い、思う形のパンツが穿きたいはずです。

正しい補正をお伝えするために頑張っています。