勝訴のゆるみかユリトワさん。やっぱり使っていたアカデミ-だけしか書かない特許関連袖山点の手順考え方。

いかなる方式でも袖山線に2つの印は入れません。アカデミ-だけです。

 

 

袖基本線、袖山上に2つの合印を入れる方式は何処にも有りません。 

 

アカデミ-は個人対応で肩線が個人、個人違う為、*****前ア-ムホ-ル寸法******後ろア-ムホ-ル寸法の印を入れ、ます。

 

 

残りの寸法がいせ込み分となります。

 

 

この考え方や、ここに印を入れる方式技術はアカデミ-、特許関連技術です。