今回のアカデミ-と、服楼さんの原型ブログは仮縫い基本、原型の意味を多くの迷える子羊達が救われました。

此処からパタ-ンメイキング

本人が真中にい無い補正をいくらやっても不具合はでます。本人が真ん中にいる補正で合わせてからでないと、補正で直しても綺麗なシルエットは出ない意味を実感。

 

 

どの様な体型でもウエストライン横地

前上がり、ねじれはありません。

 

 

 

本人に合わせる事は市販本補正では出来ないと云う事。 

シ-チングでの本人仮縫い補正では出来ない所も有ると云う事。 

 

作品での仮縫い状態の補正は生地を裁断済、縫代限界と正確な補正が出来ない事。 

 

変な皺は絶対出さないで済ませなければならない事。

 

 

一番大切な事は、基本はどの様な体型(背中が丸い高齢者でも)身体に布目を通す事です。

 

 

皺が出て直す事が出来ない!という事は補正がチョット違うと云う事です。

 

 

オ-ダ-メイド・個人対応補正技術洋裁教室