何故!自分の原型で作ったのにこの様な皺が出るの?その原因を追究してみましょう

お断り*****

 

 

この写真は生徒さんが既製品を着た時に出た皺です。 

アカデミ-はほとんどこの皺が出ない為この写真をお借りいたしました。

 

 

 

 

似た体型、アカデミ-の仮縫い時を選んでみました。 

こんなにフイット感が有るのに脇から肩に向かってのねじり皺は有りません。

 

 

何故!皺が出ないのか、原因をヒント公開しましょう。

 

 

●     ねじった様な皺の原因は皺の引っ張られている方向性を見てみましょう。 

 

 

①    前身頃、後ろ身頃、の 脇縫い目は縫い合わさってる事で固定してしまいます。 

 

②         後ろ脇と前脇線は、フイット感、又は平面的、の違いで胸ぐせの考え方は違い                                   ますので捻じれ皺の決定的問題点ではありません。 

 

③      問題は肩方面に引っ張られている原因です。 

 

 

では、引っ張られているとしたら後ろ肩線の追加不足が原因でしょうか?違います。

 

後ろ肩の厚み分の不足で追加しても、衿ぐりが抜けて行くだけです。 

 

後ろからの厚みは多少は追加しても、後ろ衿ぐりの抜け!はどう考えますか? 

 

 

抜けた分、後ろ衿ぐりで上に追加しますか?背丈が長くなってしまう事に問題視は有りませんか?

 

 

補正の仕方の誤りはどんどん次の不具合を生みます。 

結局、不具合は解消されず次の不具合を生んでしまいます。

 

 

回答***************************** 

 

    後ろ肩の不足分は若干必要ですが、一番原因となる補正箇所!! 

    は、何方にも有る肩甲骨の出っ張りです。

 

 

 

アカデミ-の補正済み原型は、個人採寸値で肩甲骨の操作。そこまで補正操作が入ってる為、      ほとんど捻じれ皺が出ません。 

 

もし仮縫い時で若干出たとしたら操作の数値不足で型紙を直せば良い事です。

 

 

直し方を知らないとするならば、この様な皺が出た作品完成となります。

もっと見難いのは、完成時に前身頃の脇からのねじれ皺も出ている作品を多く見る事です。

 

 

折角作った服がこんな事になって、来ていたら他はどう思うでしよう.

特に男性の多くに聞いてみました。 

 

 

趣味の手作り?  安っぽい! 品に欠けるI  そんな服に魅力を感じないので興味なし。

 

 

 

という回答が多かったです。そして高価でなくてもいい、服を綺麗に着ている人には魅力を感じる!との事でした。

 

 

折角作ったのに、1回しか着ていないわ!*******そんな声を多く聞きます。