仮縫いとは!シーチング又はトワル組で行う怖さ、勘違いの多い洋裁教室での世界。正しい補正は出来ません。

シ-チングでの仮縫いは分量シルエットを見る事で補正に使う事は、平面にしたときの高技術が無い限り怖さの知らない他人がする事です。

 

理由***************** 

 

●   布は補正のピン打ちで伸びたりちじんだりします。正確な補正数値は出ません。 

 

●   もし正確な数値が出ないとするならば何の為に!バスト、背丈寸法、ウエスト寸法   

    を測るのですか? 

 

●   右身頃、左身頃の正確さは布目の曲がったシ-チングでどう判断するのですか? 

 

●   床上がりヒップライン平行!や床上がりウエストライン平行のアイテムに対して 

    元々歪んでいる布目を如何判断するのですか? 

 

 

お客様に対して、大きなドレス、ウエデング、大きなドレ-プ等でない限り普通のアイテム  ではトワルでは組ません。

 

 

 

 

  

 

体に対して布目が解らないこんなパンツになってしまうのです。

 

 

アカデミ-の生徒さんにお伝えいたします。プロになると云うことはお客様の処に行った時、現物布で仮縫い組み立てをし、1回の仮縫いで100%合格点を頂かなくてはなりません。

 

 

其処で高技術のパタ-ン作製、仮縫い技術が必要になります。 

お客様の処にシ-チングで仮縫い持参したら2度の注文は有りません。