アパレル業界は今や機械、コンピュウタ-等で型紙を取る技術は目を見張る物があります。其処に落とし穴

私達、洋裁愛好家、専門家でも機械でのパタ-ン作りやサイズ変更を簡単に用いる環境にあります。 

 

機械でのパタ-ン作りは何千枚でも同じパタ-ンを簡単に生み出す事ができます。 

 

ハンドでのパタ-ン作りは何千枚ものパタ-ンは長い日にちを要します。

 

 

しかし!*****

 

 

何千枚、何百枚、同じパタ-ンの必要が無いのが、個人で着たい洋服の型紙作りです。

 

 

 

そして、その人に着易い型紙作りです。 

 

個人個人の型紙作りを機械パタ-ンで完成させたとしても、背肩幅、袖丈、ゆるみ、等、大まかな所だけ 

しか算出する事が出来ません。 

 

 

個人対応は出来ない!サイズ的な考え方になってしまいます。

 

 

私達が手に入れられる機械でのパタ-ン作りは便利かもしれません。 

 

しかし*****其処には情緒や体型、その人に似合う事の価値観が機械にはないからです。

 

 

機械に行き付き、結局、ハンドのパタ-ン世界を見直す方々が多くなってきています。

 

 

 

   その原因は******************

 

機械算出パタ-ンより、遅いかもしれませんが、情緒、補正、個人対応            は現代は未だに人間の脳の方が優れているからです。 

 

 

 

機械パタ-ンに求める強用範囲の限界があるからです。 

そして他人は、より良い自由なパタン-ンを求め出すからです。

 

 

ハンドパタ-ン方法の技術の中にも選択肢が、どなたも教えてくれない方向性の選択肢によって結果無駄になることが多い事も事実です。

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

 

 

------------------------------*************************------------------------------