パタ-ン教室の日。唯一ミシン有りの日でした。仮縫い微調整。此処までやります。体型密着度は着易さの基

生徒さんが自分でパタ-ンメイキング。仮縫い

着せ付けた時の前衿みつ縮小方法

 

 

●   衿方面0.8cm畳む       ●  袖ぐりに向かって消す。

 

 

 

 

 

何処を微調整したかマル秘の為画像カット****スイマセン。 

 

より体型にはめ込む為、相関による補正。

 

 

一般的に見ると、十分仮縫いは綺麗に着付けられておりました。 

しかしより着易さ形状の大切さを勉強し,より着易さを味わっていただく為の勉強です。 

 

 

だらしがなく見える服。仮縫い時にここを見れば良い事です。

 

 

    ●    衿空き。前身頃と後ろ身頃の適格衿みつ比率。(補正方) 

 

    ●    体型適格袖山の縮小製図方  

 

     

                            今回それだけですみました。

 

 

 

美しく着せ付ける為には************************************************* 

 

 

●       抜け衿や、衿みつ不適格によってだらしが無い雰囲気を解消する事。 

 

●       人間に対し、前中心たて地、ウエストライン横地、体型形状にデザイン           

                             線の利用によって 美しい婦人体型のシルエットにゆとりが適格な事。 

 

●       後ろ身頃、背中、適正場所に 適正数値が折り込まれている事。 

 

 

●       本人採寸実寸値に適格に対応して有る事。です。

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村