太っちょさんは太っちょさんなりに悩みがあります。着れる服がないから。習っても手が上がりずらいから。

立体裁断式の号数服はまず形が太って見えるから、そして体に合いません。 

 

 

では、格式で製図をひいたら?手が上がりずらく吊皮が持てません。

何が違うのでしょう!

 

 

製図方法です。

 

 

 

●   学校洋裁形式ではこれだけの体型に着せ付ける事は無理の範囲と断定いたします。 

 

●   ボデ-で型紙作りでも無理と推察いたします。 

 

●   作家さん型紙はもっと着る事は不可能ではないでしょうか。 

 

●   仮縫い技術を使ったとしても足したり摘んだりの方法でしか! 

    服が後ろに行く事は目に見えています。 

 

 

 

 

 

ですから、太っちょさんは苦しむのです。 

 

市販本や教科書で賄うなら、どんな体型でも不具合は出ないはず。!!! 

***********************************************************

 

 

 

市販本や教科書での製図は前身頃、後ろ身頃で袖下をさげる事が主です。此処に問題が!

 

 

 

 

本人の背丈からくる、ウエストラインに脇下がどんどんウエストラインに近くなり、               その距離は短くなります。だから手を上げると服まであがってくるのです。 

  

 

 

 

現場に強い上衣補正方は背丈から来るウエストラインからどんどん脇下が長くなることで手が上がり易くなります。。

後ろ身頃の袖ぐりが大きく、!前袖ぐりが本人採寸値で極力小さい、! 

これが本当の人に着せ付ける為のパタ-ン製図方法です。 

************************************************************** 

 

 

 

ブログ、 マリンさん資料提供

 

 

 

 

中高年は、どんな方でも、前ショルダ-ポイントと 

前、ショルダ-ポイントの高さの差が5cm以上は必要です。 

 

 

 

 

 

 

 

超繊細な感受性の持ち合わせのある講師だから体型をい見抜いてきた! 

洋服を作ることは感受性のないお客様に美しさと着易さを提供する事であり

営利のみでいい加減な服作りは夢を描けない事です。

 

 

 

アカデミ-は感受性も育てます。 

営利のみに走る事は良い作品が生まれない事です。 

 

 

 

雑誌社や、ちょっと一般は参加できない名刺交換会をお断りしたのは、高技術な本物。ドリ-ム!を追いかけているからです。NS~なんとやらには興味ありません。もっと夢は大きいです。

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村