生徒さん達のもう一つの声を耳にして決断。写真を見せても、希望を訴えても、希望どうりいかなかった。

 

 

 

 それは当たり前です。

 

 

 

 

アカデミ-パタ-ン教室、通信教育のレッスン方法の決断は***********

 

 

 

 

 

 

 

元々体付きに合っていないパタ-ンでどんなに詰めても、ラインを引き直しても、      増やしても胸ぐせ移行を変えても無理な事です。 

 

 

 

 

 

 

 

どの様な体型であろうと、関係の無い事です。 

 

 

 

サイズや、バスト寸法で、あたり前のパタ-ンをひて、同じイメ-ジになる訳は有りません。 

 

 

 

 

そこが違い訓練が違います。

 

 

 

 

 

それを現場で通用するパタ-ンと在り来たりのパタ-ンでは技法が違っています。 

 

 

結論はその人の体型バランスを考え、ゆとり分の(個人適用寸法)を考えてパタ-ンをひきます。 

 

 

 

仮縫い、のみでは無理な事です。

 

 

 

 

 

どの様な体型でも女性の体型の美しさを出さなければただの部屋着になってしまいます。 

 

其処で体型形状パタ-ンが現場で活躍します。 

 

 

ラインの美しさを求めるなら、似合う好みの(特にお客様)の期待に沿わせるなら 

その方の体型の美しさ(本人体型で無駄の無いゆとり)を出す事です。

 

 

 

 

無駄の無いゆとりとは**************************** 

 

 

 

どの様なブカブカシルエットのアイテムでも本人体型に合ったゆとりが           バランス良く入っていることです。

 

 

 

 

 

その訓練を徹底的に学んだ方々が日本初、パ-ソナル、***パタンナ-1級の方々です。個人対応で勉強してきています。

 

 

 

 

 

 

パタ-ンの引き方が違います。 

 

 

 

 

 

 

       

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村