もし!私がデザイナ-のままで、又は専門学校そのまま教室をしていたら、今の自分と教室存続はないでしょう。

 

 

 

 

 

何故!なら

***********

 

 

 

●デザイナ-を維持する為には、幸運と才能、良いスタッフ、 を必要とするからです。 

 

 

時代の流は才能の無い人は消耗品になっていきます。 

若さの勢いだけでは長く次か無い事、そして年齢を重ねます。 

 

 

 

 

 

 

●専門学校技術そのまま教室では生徒さんの要求に答えられないからです。

 

         ●専門学校は基礎を習う処なので、完成技術は学んで来ないからです。  

 

         ●教室、その他、洋裁専門指導には(補正技術、パタ-ン技術、仮縫い技 

                                                                                                 術センス、お仕立て技術)、                                   高技術を要するからです。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカデミ-教室のフアッションショ- 

 

自己ブラン販売ショウ-

 

 

 

 

小物、リフオ-ム、指導教室 展示発表会

 

 

 

 

 

 

 

等、多くの経験を経ましたが、4年単位で長次きしない生徒さん自身が厭きがきます。 

しょっちゅう生徒が変わる教室になります。 

先生は、都合の良い消耗品と同じになります。

 

 

自分で動かなければならない仕事は年齢での限界があるからです。 

 

 

 

 

 

どの様なジャンル教室指導でもかなりの勉強と技術を必要とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

洋裁を生涯の価値とするなら!!!洋裁技術の勉強をする事をお薦めいたします。 

婦人にっ着付けるのでしたら 、補正技術は必要です。

 

 

 

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村