補正原型を使っているから簡単個人採寸値でピ-クラペルジヤケット個人体型製図方。すべて補正入り。

知れば迷いの無い製図方です。

 

 

             今回のデザイン

 

後ろ身頃パネルライン。前身頃パネルラインと直線ダ-ツの2本

パッチポケット付き

 

 

 

 

 

 

 

後ろ身頃、ヒップラインの位置でジヤケットヒップ採寸値寸法の求め方

 後ろ脇線裾部分→

 

 

 

 

 

後ろ裾寸法算出方

後ろ身頃脇線裾部分→

 

 

 

 

 

 

前身頃

←前身頃脇線裾部分 

 

 

 

 

 

 

前身頃、ヒップラインの位置でジヤケットヒップ寸法の求め方

←前身頃脇線裾部分

 

 

 

 

 前身頃、後ろ身頃の脇線カ-ブラインは同じ形状でなければなりません。

 

ここの算出方は特許に相当する技術の為説明はマル秘です。

前身頃、裾線 

 

 

 

 

前端し裾デザインカッテング 

 

 

 

 

 

 鉛筆衿製図はあくまでも基本製図です

 

ピ-クラペル衿製図方。赤線で生地裁断

 

 

 

 

 

製図方拡大。写し方で曲がってみえますが、後ろ衿中心は直線です。

 

赤鉛筆がお仕立て用完成線 

 

 

 

 

 

ピ-クラペルのうつし方

 

 

 

 

 

後ろ身頃は補正済み原型を使っているのでそのまま使用。

 これから0.5cmパット線をいれます。

 

 

 

 

袖底(袖開き)を上げる意味。マル秘

 

 

 

前身頃、袖底(袖開き)を上げる意味マル秘

 

 

 

 

裾ラインの流れ点検。

 

 

 

 

 

文化服装教科書に載っていた補正の仕方

後ろ、ウエストたるみ

 アカデミ-の作品ではありません。 

 

 

 

 

 

教科書に載っていた上記写真の補正方法。

直りません。

 

 

 

 

昨日の私の仕事

 綺麗好きな仕事の仕方 

 

このパタ-ンメイキング方は補正原型を使用しています。パタ-ンメイキングも個人採寸値でひいていきます。

 

 

 

全て個人体型パタ-ンになっている為組み立てると体型立体化されます。 

 

しかし今回は夏期講習補正勉強の為4か所の技術欠損(補正箇所導入を少なくしたをさせてあります 

 

 

パ-フェクトの製図にしではありませんのでご判断はご了承ください。 

 

 

 

 

 

 

一般や講師群。パタ-ンをひく人でしたら、なーんだ本や教科書と変わらないと思われると思います。

 

 

 

その技法の中には公開出来ない技術が沢山はいっております。 

全て組み立て、本人着用で結果が出る事です。

 

組み立てて初めて分かる個人体型に立体化。採寸値でパタ-ンをひくから補正が微調整で済むのです。

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村