夏期講習会、服作りには許されない補正の不具合資料がこんなにも。後を絶たない不具合服。

 

 

 

 

8月4日~8日   夏期補正講習会資料。 

 

 

 

 

 

 

 

服を着付ける、洋裁を学ぶうえに欠かせない補正の技術

 

 

 

 

 

生徒さん達は不具合服資料を基に仮縫い不具合を原因、と補正方法を勉強いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

補正理論に基ずいてほとんどを解明し、不具合現象原因を速攻即答いたします。

 

 

文化式新原型に多い不具合、旧原型に多い不具合、ドレメ方式に多い不具合、立体方式に多い不具合、作家さんパタ-ン、市販パタ-ン。

 

 

 

 

その特徴。不具合現象原因結果、公開。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう題名のニアンスの市販本が多く出回っていますが、真実なのか実験し、       原型を作って見ました。

 

 

 

同じモデルで採寸値計算をし、原型をひいてみました。 

 

 

 

その結果を公開*******有得ない原型でした。 

 

 

 

 

ほとんどの原型パタ-ンに関して是、非、決定権を持つ事は、実際にパタ-ンをひき不具合を実験確認をしています。原型の仕組み、パタ-ン解明いたします。そうで無ければ生徒指導等は出来ません。

 

 

 

 

 

 

指導者が余りパタ-ンの事がわからないまま指導する事がこう云う                      不具合服が出来てしまう原因です。

 

 

 

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村