仮縫い講習会の結果、服の本質を現代はいかにごまかされているか参加者は改めて鳥肌ものでした。

 

 

 

背丈比率、体型操作、個人採寸値を入れればこんな事にはならなかった。

 

 

 

 

 

ボデ-には落ち着いている状態

 

 

 

 

高校生天使に着ていただきました。 

 

 

 

着ていただいた結果*****

 

 

 

後ろ姿 

 

 

 

背中心、パネルライン。右身頃のみ修正

 

 

 

裾幅不足

 

 

 

前身頃、脇、胸ぐせ不足

 

 

 

後ろ身頃、衿みつ不足

 

 

 

前身頃、後ろ身頃、前後差不足

 

 

 

この状態ではお袖は付けられません。

 

 

 

 

 

今回、試したのは、補正方(補正操作法)を肩以外は操作をいれませんでした。

 

 

 

 

今回の仮縫い実習で、バストと背丈で一般原型の方法で引いた原型を基にパタ-ンメイキングした仮縫いの結果*****

 

 

 

 

 

 

●   どの様に仮縫いで、体の不足分を足しても、摘まんでも無理。 

 

●   シエイプ感をどんなに出そうと思っていても無理。 

 

●   婦人体型の美しさを出そうとしても無理。 

 

●   体型形状女性にはめ込む服を作ろうとしても無理。 

 

●   自分が服の中心にいる服つくりは出来ない。

 

 ●   後ろ中心S字ラインが出ない!!仮り縫いでは出来ない!!

 

 

 

 

 

 

 

個人の体型に適格に仮縫いをしょうと思ったらこれだけ大変な補正直しが      2、.3回はいる事。

それでも体型形状立体化にならない事 

 

 

 

 

 

体型操作を使わないとこういう立体服は出来ないという事。 

 

だから野暮ったい服!と云う事になります。 

 

 

 

 

 結果パタ-ンで操作を入れ体型形状にする事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

形やデザインばかり目が行き、それを野暮ったくない服!! 

と勘違いしているところが多いです。

綺麗に着せ付け、違和感の無い服を作る事の大切さを******