ナ-ンちゃって服作りならそれはそれで良い事です。習う?事はナ-ンちゃって服、習ってもそれで終わり。

 

 

 

 

 

服作りはパタ-ンを含め、どの様な作り方でも自由です。

 

でも習う!と云う事は、ナ-ンちゃって服を習ってそれで 

満足?すぐ飽きが来る。 

 

 

其れを着た時。 

 

 

貴女は大人!大人には誰もおかしい、変、とは面と向かって 

言いません。言わないのも大人だからです。 

 

 

 

大人なら他人はどう思うかわかるはずです。 

 

 

 

 

衝撃の事実!! 

 

こんな事になっているのに気が付いてください。 

それを一生懸命習って縫っているのですか? 

トアル仮縫いもこうなってしまいます。

前中心に縦地、床上がりウエストラインに横地でないからです。

 

 

 

立ち目縫いや、布目をいい加減に考えるとこんな事になります。 

 

 

5年前、価値観の違う生徒さんに裾幅お直依頼。着難い服をほどいてみました。 

 

 

 

 

 

       ●  裁ち目縫いの為、切り替え線の裾幅寸法が違っていた。

 

       ●  2度やり直し依頼。横の布目もずれていた。 

 

       ●  各服のパ-ツの横布目がいさって、伸びて。辻綱合わせで縫うから 

 

 

 

着ると、服は左に引っ張られ歩くとねじれます。 

 

 

 

前中心を縦に垂直にパネルラインをほどいてボデ-に着せてみました。 

 

 

 

 

左身頃のパネルラインが横布目が前中心布目と合わない為開ました。 

 

この現象は布目を合わさないでお直しの時、簡単洋裁方式、裁ち目で縫って     アイロンをかけた結果です。 

 

 

 

 

左身頃のパネルが口があきます。

 

 

 

大人なら、専門家なら 

 

この怖さをお伝えするのが、私の役目です。 

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村