トワルで原型作り、背肩幅を合わせて新原型先生流に直しても肩甲骨が当たる補正までしてもらえない

 

 

 

 

SOSの声。無理でしょう、教科書や市販本、専門学校卒業では!

私も若い時代はそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

肩甲骨の当たりは着た本人でなければ気が付かない事が多く、多くの方が悲鳴をあげています。

 

 

 

 

見た目だけの仮縫い直しは危険

 

 

         ●  背幅がきつい時は如何するの? 

 

         ●  背肩幅が大すぎはどうするの

 

         ●  扁平肩に肩ダ-ツはいるの?ではどうするの? 

 

         ●  前袖ぐりの引っ張られ感はどうするの? 

 

         ●  フイット感を出すとキツイのどうするの? 

 

         ●  背肩幅が大きい人の細身体に体型を美しく見せるには? 

 

         ●  服が後ろに行ってしまうのどうするの? 

 

         ●  嫌いな肩ダ-ツは如何するの?

 

         ●  パタ-ンを教えると掲げ*******? 

 

 

 

そして先生が直してしまうこれでは自分で服を作る事は身に付きません。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

補正直りません。不具合原因は此処に無いからです。

 

 

 

前身頃、基本バストラインから上がどんどん長くしてどおするの!不具合は出ます。 

女性はそっくり返っては居ないからです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ一つ挙げていたらきりが有りません。

 

 

 

これを仮縫いだけで全部補正が出来ますか!! 

 

 

其処には必ず不具合が出た原因、相互の関係があるのです。 

 

 

この原因を解決しない限り不具合は直りません。直って見えるのは先生だけです。

 

 

仮縫いされている本人にこんなものかな?******では無く本人に聞いてみる事です。

 

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村