クチュ-ル協会のロゴマ-クが出来ました。生徒さん全員のお仕立て希望は毛芯仕立てのオ-トクチュ-ル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代の洋服は簡素化されたと云えども生徒さん達の目指す処は本格派毛芯仕立て。

 

 

 

 

 

学びたい洋服は?!どうせお仕立てを勉強するなら!と生徒さん達。比べて見れば一目瞭然

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

布上でも正確な布目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おきじつけ

 

 

 

 

 

 

 

 

きりじつけの仕方

 

 

 

 

 

 

 

 

切りじつけ後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ一つの高ハンド技術が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮縫いの仕方

 

 

 

 

 

アカデミ-オ-トクチュ-ルポリシ-の条件

 

 

 

 

 

 

 

パタ-ンに関するポリシ-

 

 

 

      ●  パタ-ンは体型部分の寸法が本人採寸値にゆとり分が適切    

        に引く事が出来る事 

 

 

      ●  パタ-ン上で補正導入操作入りパタ-ンで無ければ形の良

                             いクチュ-ルは出来ない事

 

 

     ●  補正は相関で成り立っていますので微調整補正技術が出来る事 

 

 

 

 

 

 

 

くせ取り技術、縫う技術の取得

 

 

 

 

       ●  裁断後のオ-ルくせ取り技術取得している事

 

       ●  毛芯の据え方は表地と密着度の高い技術を要する事

 

 

       ●  ハンドの技術で体型形状にしつけ、縫う技術を取得している事 

 

      

       ●  しつけを掛ける時点で切じ付けは一切なくなっている  

        事。チャコ線しか縫う範囲が無い事。

 

 

       ●  裏地と兼ね合いで密着度の有る表地、裏地の仕立てが出来る事 

 

 

 

 

 

 

 

アイロンの技術

 

 

 

 

        ●  アイロンくせ取りのテクニック技術を要する事 

 

        ●  仕上げアイロン技術を要する事

 

        ●  出来上がりは体型形状に出来上がっていて型崩れがしない事 

 

 

 

 

 

 

 

9月入会の生徒さん。 綿以外縫わせてもらえない傾向にストレス。

 

 

 

 

アカデミ-ソ-イングクラスは講師がつきっきりで生徒さんは学びます。 

講師はレッスン中、自分の受注仕事はしません。

 

 

 

 

                               ご自分の補正原型から学び、作りたい服のパタ-ンメイキング理論を         

                               学びながら パタ-ンも完成させていきます。

 

 

 

ミシンが出来れば作りたい布で服を作ります。

 

裏付きでも指導手順で丁寧に縫えばよい事です。

 

 

 

 

 

 

生徒さんの出来る、出来ない、は講師の指導能力と思っているからです

 

週、1回、5時間のレッスンで3年~でプロ方向性は可能です。

 

 

 

 

 

 

 

補正講習会に来て下さった可愛い天使、

 

オ-トクチュ-ル専門学校、見学会のお土産に持って来てくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

若い人達のオ-トクチュ-ル希望はふえています。

 

 

 

 

     東京教室関連の生徒さんに復習や、これから東京教室、大阪教室で学 

    んでいく方々の方針は同じです。オートクチュ-ルとして必要な技術を

     お伝えいたします。

 

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村ハンドメイド・オートクチュール