現代の洋裁教育は専門学校を出ても、どんな洋裁本を買っても貴女の気に入ったシルエット服になりますか?

 

 

 

 

 

 

 

現代、多くの専門学校や洋裁参考本。補正本。は買えば手には入ります。

 

 

 

これだけ多くの洋裁向け資料が豊富なのに何十冊本を買っても!

 

 

 

何故洋裁難民が多いのでしょう? 

 

 

 

本を買えば、見れば、洋裁教室で習えばすべて解決するはずでは

 

 

本を見ても、洋裁教室に通っても、専門学校を卒業しても、 

 

 

 

 

 

何故、細い体型の人ばかりで中高年や、太っちょさんのパタ-ン      が製図方を習ったのに不具合の無い品良くひけないのですか 

 

 

 

 

現場で、何千人の仮縫いを厳しく行ってきた現場の専門家なら

どの様にパタ-ンをひけば良いか分かるはずです

 

 

 

 

 

市販本や専門学校、ではそこまで学ぶ事が出来ません。 

 

学べるとしたら皆さんプロになるには教科書を見れば時間がかからないのでは

 

 

 

 

 

講師の現場で難関体型を多く経験された方程、学歴や、章、資格、等 

自ら口には出しません。 

 

 

 

生徒さんやお客様の作品が講師の実力です

 

 

 

アカデミ-の講師達は何方の生徒さんにも怒る事はしません。 

 

余裕をもって即答回答出来るから怒る必要がないのです。

 

 

 

 

有頂天講師もおりません。自分のレベルを知っているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●太っちょさんでも、背中の曲がった高齢者でも、中高年でも、子供でも、特殊体型でも 

 

なかなか立体的、且つ捻じれの無いラグランスリ-ブをこれから指導の夢を持っている 

 

生徒さんは勉強に奮闘中です。

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村ハンドメイド・オートクチュール