どの方式でも原型は基本土台。背肩幅をあわせて貴女の原型?自分原型にする為には体型技術を要します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良く、あなたの原型を作って、貴女の原型作り、

 

と云う言葉を耳にします。

 

 

 

 

元々、どの様な方式で原型を作ったとしても割出や数値で作る土台でしかすぎません。

 

背肩幅を合わせ袖ぐりを修正??? 

前身頃に相関関係も考えないまま******* 

 

 

 

          ●  貴女に背幅になっていますか? 

 

          ●  貴女の後ろ肩線適正いせ込み分になっていますか? 

 

          ●  前身頃と相互関係になっていますか? 

 

          ●  貴女体型特徴になっていますか? 

 

          ●  今までの着難い、苦しい部分が解消されていますか? 

 

 

 

 

それがすべて解消された時、それが貴女にとって自分原型です。

 

 

 

 

 

 

 

トアル仮縫いで作ったとしても補正技術無くしてあなたの原型は不可能です。

 

 

貴女の全て体型や採寸値に適合したのが貴女の原型です。

原型一つにしても補正技術を必要とします。

 

 

 

 

 

 

文化式、各方式の原型作りは昔のまま何十年変わっていません。

 

高級オーダ-をして、何百人の補正、いや!何千人の体型補正をして 

 

だから言える事です。

 

 

 

 

如何して、後ろ身頃袖ぐり線、 前身頃袖ぐり線が 

 

人によって袖ぐり曲線が何故変化してしまうの?! 

 

おかしいと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

特許だからでは無く、体型的考え方、理論が立証、結果で特許を取っただけです。 

女性である以上この理論はすべての女性に必要です。

 

 

専門学校は基礎を学ぶだけ。それが自分の原型!? 

 

 

違います。 

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村ハンドメイド・オートクチュール