中高年。太っちょさん。きちんとしたパンツを作った事が無いので憧れのパンツパタ-ン開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 4年半も他での洋裁教室で希望のパンツにならなかった事で今回東京教室で             作成開始

 

 

 

 

 

●  以前のパンツ作成で失敗原因

 

このコーナ-は他人を批判するのでは無く何処に失敗原因 

が有ったのか

 

 

 

 

     自分で作っている方々へ参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

  ●  太っている事でキツイと云う危険性で大き目につくらされた。 

 

  ●  ウエストにくぼみがある為、股上、ヒップの当たり膨らんでしまっ   

     ている。 

 

  ●  ヒップよりミドルヒップで前お腹、と腰周りが大きい  

 

  ●  本人は自分の体型に合うフイット感のあるパンツが希望だった。 

 

  ●  自分にとって大きすぎるにも関わらず座ると後ろが引っ張られる。 

 

  ●  座ると前がブカブカ 

 

  ●  何時もウエストベルトを気にしてる。 

 

  ●  脇線ヒップの落ち着かなさで脇インベルをいつも折る。 その他

 

 

 

 

-----------------------5カ所の補正操作で上の不具合解消-----------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   今は東京教室生徒さん。大まかですがこれだけの不満を         以前抱えていました。

 

 

 

 

 

 

 

5か所の採寸値による体型補正操作開始

 

ゆとり分ヒップ実寸値寸法+4cm

 

 

 

 

此処にも体型比率はありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながらパンツパタ-ンをひいて仮縫い時ではこの補正は出来ません。

 

ですから、気に要るパンツは難しい! 

 

作っても穿かない!と云う生徒さんの入会が多いです。

 

 

 

 

 

 

パンツの製図を引けば穿ける間違いです。 

組み立てパンツなら可能ですね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒さんがスカ-トを履けば横向きはこの様な体型です。

 

 

 

 

一般的なスカ-トを履けば前はこうなります。

 

 

 

 

 

平面上で補正をしなければ、仮縫いでは限度があります。

 

 

 

パンツ製図はいくらでみ載っているわ!それでで穿けるわよ!!! 

と云う声を当たり前に耳にします。 

穿けているのはパンツなら何でも良い人だけです。

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村ハンドメイド・オートクチュール