大阪校入会レデイ-とご挨拶。講師群は手を繋ぎ必ず希望が叶う技術を持っている処です。

 

 

 

 

 

 

東京教室発信本部

特許。上衣補正操作法保持者、クチュ-ルアカアデミ-主宰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お顔を見ながらご挨拶。ようこそ!御縁は貴女の希望を必ず叶えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

別部屋で生徒さん実習中

 

 

 

 

 

 

 

裏地、袖、まつり実習

 

 

 

 

 

 

 

 

オ-トクチュ-ルの考え方。

 

 

 

表地外枠。裏地は内枠。

裏地が大き目は既製品の考え方 

肌に触れる方は内枠

 

 

 

キセ分は0.6cmはついています。着て、裏地のガサガサ 

は有りません

 

 

 

 

 

 

 

 

貴女が作った裏地付きの洋服をこの様になるか試してみて下さい

綺麗に入れば布目、ゆとりが適格な証拠

 

 

 

 

 

 

 

 

衿ぐりの方から点検

 

 

 

 

 

 

着ていて着ていない様な感覚とは!

 

            ●  体型に沿った適格な補正がしてある事 

            ●  仕立ては型崩れの無い体型形状に仕立て上げられている事 

            ●  裏地の感覚が体に触れない事******です。

 

 

 

 

 昨日は2人お休み。急なお子さんの体調

 

出来上がっている型紙をアレンジ、スカ-ト偏

 

 

 

 

 

 

ニット用裏地の扱い

 

 

 

 

補正の操作と云う言い回しは特許庁に特許文献の中にはいっております。 

誤解を招く恐れがあります。アカデミ-関連ホ-ムペ-ジ又はブログ以外提示を禁止しておりま。

 

 

一般的に原型補正や仮縫い補正に操作と云う言葉はほとんど使いません。 

 

 

 

クチュ-ルアカデミ-は

 

 

型紙を回転、移行、背丈比率など操作によって補正実行いたします。 

 

同じ補正方と誤解を招きますので***補正の操作***提示を禁止いたします。

 

 

 

 

 

次回はシャツブラウスやワイシャツのまくっても戻らないカフスの製図方を記載いたします。

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村ハンドメイド・オートクチュール