女性の体型補正方は背中で決まる。補正方の理論立証は12個まで発見立証済み。

 

 

 

 

 

 

 

 

洋服の補正をすると良く聞きますが、補正にはいろいろな意味が有る様です。

 

 

 

 

 

着物の補正、洋服の補正、体型矯正の補正等

 

 

補正と云う言葉は表現法によってはいろいろな受け取り方が有りますね!

 

 

 

 

 

 

今回は洋服の補正 と云う観念から書かせていただきます。

 

 

 

 

洋服の補正は!*******何をもって補正が出来た、と云うのでしょうか?***です。

 

 

 

 

        ●   あら少し大きすぎたわね! 

 

        ●   お袖丈がちょっと長すぎるわね! 

 

        ●   もう少しシエイプしましょう 

 

        ●   もう少し裾を広げましょう 

 

        ●   袖口がもう少し広い方がバランスがいいわね! 

 

        ●   ちょっと座るときついわね! 

 

        ●   サイズを小さく、大きく、しましょう******等 

 

 

 

 

 

上記の様な事は補正ではないのです。

 

 

丁度良く直す!と云う事です。

 

 

 

 

 

 

採寸値によって必ず出てくる不具合相互関係はタイプ12

個に及ぶ体型特徴がある事をつかみ相関で補正立証いたしました。

 

 

現在パタ-ン教室はその不具合が必ず出る相関を入れてパタ-ンメイキングを学びます。

 

 

 

 

 

 

以前ご紹介させていただいたこの方も12個の中の一つを使います。

 

では?補正と云う言葉は洋服の場合どういう事に値するのでしょうか

 

 

 

体型の違和感!  これを補正技術によって人間にたて地、横地を

体に布目を通す事意味します。

 

 

其の為には足したり引いたりしただけではなおらないのです。 

 

 

 

 

 

二人としていない体型を布目を体に通す事で補正は結果がでます。

 

早く言えば布目が変わらなければ補正とは言わず、結果は出ません。

 

 

其処に補正として適格な補正技術が必要になります。

 

 

 

其処で問題を提示したい事はその方に補正をした事で着易い動かない服 

いわゆる型紙が出来た時、初めてデザインとして布目を自由にする事は自由です。

 

 

 

 

 

残念なことに、適格な補正を学べるところが現代は無いのが事実です。

 

 

 

 

 

  市販補正本。専門学校。インタ-*ネットでも直らない補正説明

が多く見受けられ困っている方も多いと思われます。

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村ハンドメイド・オートクチュール