アカデミ-は衿も含め、お袖、ライン、着心地、お仕立てとすべて美しい特別方法を伝授

 

 

 

 

 

 

服は形が同じでも美しく見える完成度と魅力の無い完成度があります。

 

 

それは講師のセンスも有るかもしれません。

 

しかしちょっとした技術の差が大きく決定します。

 

 

 

 

 

 

 

前回 ご紹介させていただきましたショ-ルカラ-で説明いたします。

この衿ぐり襟こしはとても滑らかに美しく立ちあがっています。

 

 

 

 

 

 

 

確かに、製図方としては間違いや不適格ではありませんが、

 

この衿製図で仕立て上げると問題点がでてきます。

 

 

 

 

        問題点************** 

 

    ●   衿の形は違いますが、園服の襟になります。

 

              ●   いろいろな体型によって、衿の外回りが不足に成り、特に肩の厚みと    

        首周りの厚みのある方は不足に成ります。補正が必要になります。

 

    ●   この製図のまま仕上げると襟こしに角が出来ます。

 

    ●   お顔たちによって衿幅の変更をよぎ無くされます。 

 

    ●   そのまま仕上げると似合わない可能歳で野暮ったい!と云う表現になります。

 

    ●    補正した後の型紙の作り方は高技術を必要とします。

 

 

 

    これだけの技術がパタ-ンの段階で先にはいってい

      なければなりません。

 

 

 

 

学べる処でしたら簡単な事です。な-るほど!の事です。

しかしこの技術はオ-ダ-専門の技術を持っていなければ学べません

 

 

本にも載っていません。

 

 

 

自分に合った、美しく着れる服!を求めている方でしたら***実感な事とおもわれます。

 

 

 

 

教室で生徒さんの作品であってもこの考え方は譲る事が出来ないはずです。

 増して覚えていただこうとするなら

 

 

全てどの様なアイテムでも美しく着るには本製図やアパレル系、何でもやさん 

ならそこまでは求めることは無理とおもわれます。

 

 

 

形だけの服を作りますか?貴女を美しく着易い服を作りたいですか?

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村ハンドメイド・オートクチュール