ショ-ルカラ-衿、最後のご注意編。この製図方では出来上がり見た目びっこに見えます下前身頃に注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のショ-ルカラ-製図の次き

 

 

 

 

 

 

 

何十年の間、多くの生徒さんは不具合を持って前教室から入会されます

 

其処でショ-ルカラ-のほとんどがこの製図理論で作品を仕上げていました。

 

 

 

 

 

このまま作品を仕上げると、上前身頃、下前身頃との兼ね合いで仕上がりは 

 

下前身頃の衿が小さく見えます。

 

 

 

布の厚みによってその大きさの差は目立ちます。

 

 

では!最初から何処をどうしておけば良いのでしょう? 

 

 

それが本にも載っていない、教えていただけなかった!技術の差の部分です。

 

 

昨日のブログの美しくショ-ルカラ-の部分と今回の問題点を最初から 

パタ-ンに取りいれれば衿はデザイン画の様に綺麗に似合う衿になります。

 

 

 

 

人に着付ける為だけの価値観と大衆に形だけ提供する価値観は違います。

 

大衆向け価値観を自分の服作りに頑張っても道のりは遠いです。

 

 

 

●   体型も又同じです。

 

 

 

* 背肩幅が広く  *背幅が狭く * ウエストが最も細く

 

 

そんな体型の方々が増えてきました。 

 

 

肩幅で服を買えば背中がブカブカ, バストで買えば肩幅がキツイ! 

● そんな方の多くは真面な原型補正や仮縫い補正ではその人の服は作れません。

 

 

 

 

 

 良く服は自由と言われたり記載されていたりします。 

 

でも!美しく見えるものは美しい。  チョット!変と見える服は変なのです。

 

作ったとしても本人に聞いてみた時、着心地は

 

 

 

ハンドメイド・オートクチュール にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村ハンドメイド・オートクチュール